このサイトでは、ダイレクトメールの発送代行サービスを利用するのに必要な費用の目安についてご紹介しています。
DMに適した売れるデザイン・テンプレートの特徴やデザインの作り方も取り扱っているサイトです。
さらにデザインを依頼した場合に料金は幾ら掛かるのか、そしてデザイン費を抑えるコツなども紹介しているサイトです。
これからDMを作りたい場合には、参考になる可能性があるため、ぜひ一度チェックしてみてください。

ダイレクトメールの発送代行サービスにかかる費用目安

ダイレクトメールの発送代行サービスにかかる費用目安 ダイレクトメールの発送にかかる手間や時間を削減したい場合には、発送代行サービスを利用するのが便利です。DMの印刷から封入・発送までをすべておこなうと、かなりの労力が必要ですが代行サービスを利用するとこれらの負担を軽減することができます。しかしその反面、ある程度まとまった費用がかかることになります。費用の金額は、はがきや封書などどのようなタイプのダイレクトメールを送るかによっても違いがあるほか、発送する部数によっても違ってくるものです。一般的にはハガキなら1枚100円ほど、封書の場合には200円ほどが料金の目安と言われています。これらには制作費や印刷代、さらに発送作業に必要な費用や送料が含まれます。

ダイレクトメールの発送代行業者を探すなら

ダイレクトメールの発送代行業者を探すなら よく耳にするダイレクトメールですが、パソコンやスマホに届くメール媒体の他にも紙媒体の物が、自宅に郵便物として届くことが多いです。内容は、普段利用しているお店やネットショップから新商品や新サービスについてのお知らせや販売促進の内容の広告であることが多く宣伝の一環として使われています。そのダイレクトメール、実は発送代行の業者によって送られてきた可能性もあります。ダイレクトメールの発送代行業者を使うメリットは、企業側にももちろんあります。まず、人件費が少なくて済むという点です。ダイレクトメールのデザインを考え、印刷を依頼し、送付するものを折りたたみ、封書にして住所をラベリングして発送する。ここまで手間がかかるのでは専門の業者にお任せした方が企業側にもメリットが生まれるんです。一括で発注をすることで送料が安く抑えられるというメリットもあります。発送代行はメーリングサービスとも呼ばれており、その業界の中でも大きな会社から小規模な会社まで様々あります。選ぶ際に参考にしたいのは、ダイレクトメールの発送をお願いする量です。100枚を送るのと数千枚送るのでは単価も変わってきます。インターネットでは比較できるサイトが複数あるので参考にしましょう。

ダイレクトメールを活用する上で重要な要素とは

企業や店舗が宣伝を行う上では、住所などの顧客情報が非常に役立ちます。特にリピート利用している顧客に対しては、定期的にダイレクトメールを送って販売促進をするのがポイントです。しかし実際にダイレクトメールを作成して発送する場合には、売り上げにつながる内容を考える必要があります。したがって封入するチラシのデザインを考え、適切なタイミングで発送することも大切です。そしてダイレクトメールを発送する上では、パンフレットなど封入物の重量も大きな要素になります。資料が重いと送料も高額になるので、軽くて内容を厳選したパンフレットを作ることも大切です。更にわかりやすい資料を作るためには、文章の作成や編集なども専門の会社に発注するのが望ましいです。サポートが充実した広告専門の会社であれば、封入する資料の作成から発送までを一元的に行えます。一連の作業を外注すると、企業内の宣伝担当のスタッフの負担も大幅に軽くなります。

ダイレクトメールを開封してもらうコツとテクニック

ダイレクトメールを開封してもらうためには相手に興味を抱かせることが大事です。そのためには相手の関心のあるものを知っておく必要があります。例えば車を買い替えようとしている人に対して、自動車会社のダイレクトメールを送信すればチェックしてもらえる可能性が高くなります。闇雲に送るのではなく、どのような相手に送れば効率が良いのか一度考えてみるのが大事です。ダイレクトメールを開封してもらうコツの中でも実践しやすいのが開封前に興味を引く方法です。中身が分かるような工夫をしたり、インパクトのあるフレーズなどを前面に押し出すことで受け取った人は開封したくなります。プレゼントとしてノベルティを入れるのも一つのテクニックです。ノベルティは販促物と呼ばれることもあり、主に企業が商品やサービスを広めるために作るグッズやアイテムを意味してます。このグッズやアイテムに力を入れることでより多くの人の関心を引くことができます。

ダイレクトメールの訴求力をアップさせるには

ダイレクトメールの訴求力アップを目指したいなら、明確なアプローチが必要になるでしょう。自分宛てのダイレクトメールであれば多くのユーザーは到着時に開封し、内容を確かめてくれます。ダイレクトメールの内容が魅力的なものであれば、商品を確認する、店舗を訪れるなど次の行動を取ってもらうことが可能です。訴求力を高めるには、ターゲットにとって興味のあり、触れてみたい情報が示されている必要があります。ただおすすめの商品情報が掲載されているよりも、お得なキャンペーンやクーポンが載っているほうが顧客の興味を惹くことができるでしょう。また、誰に向けてアプローチするダイレクトメールなのか、あらかじめ明確にしておくことも大切です。女性向けなのか、それとも男性向けなのかによっても掲載するべき情報やデザインは変わります。メールを開封してもらった瞬間は、顧客の行動を次のアクションへと繋げる機会です。興味をもってもらえる情報をアピールすることが大切になります。

ダイレクトメールは客層に合わせてデザインする

ダイレクトメールはデザインにも気を配ることで、顧客の興味をより惹くことができます。商品の価格や種類、あるいはサービスの内容によってデザインを変え、もっとも色味やイメージなども考慮することが大切です。例えば商品が高額な場合は大々的にスペースを取って商品の購入をアピールするよりも、付帯するサービスやキャンペーン情報などを掲載すると良いでしょう。高額な商品の割引情報が掲載されていれば、顧客はチェックしてくれる可能性が高くなります。まずは商品に触れるための経路を作り、顧客が自らアクションを返してくれるようにアプローチをするのがダイレクトメールの役目です。また、ダイレクトメールを届ける相手に合わせた設計も必須です。女性向けと男性向けでは好まれる色が異なります。年代によっても違いがあり、若年層向けにはポップなキャラクターなどが使われることが多々あります。一方で高齢層向けには落ち着いた雰囲気で、読みやすく大きな文字が配置されます。

無料テンプレートの活用で素早くダイレクトメールを送れる

ネットが宣伝の中心になっている時代、ダイレクトメールも重要な宣伝ツールの1つです。気軽に見てもらえますし、タイムリーに届ける事が出来るので、チャンスを有効活用できます。しかもチラシなどのように印刷の工程がないので、すぐに発信できるのも強みです。しかし、比較的簡単に作れるといっても、何を盛り込み、どんな構成で作ればいいのかは慣れないと考えるのが面倒です。さらに効率的な構成ではないと、かえってわかりにくくなり読んでもらえないという結果になります。伝わるダイレクトメールにするには、ある程度のフォーマットがあるほうが安心できます。そこで活用したいのが無料テンプレートです。これがあれば、フォーマットに合わせて情報を載せていくだけで完成します。もし、独自色を出したいなら、無料テンプレートを活用して、一部分を変えるだけでもダイレクトメールを作ることができます。一から全部を自分で作るよりも時間も手間も省くことができます。

ダイレクトメールのメリットと期待できる宣伝効果

自社商品や提供しているサービスといった、情報発信のツールの一つにダイレクトメールがあります。ダイレクトメールを利用した情報発信のメリットが、視認性の高さです。
ホームページを開設した情報発信は、ユーザーがサイトにアクセスをして初めて認識してもらえます。会社の存在を世間に知ってもらった上で、サイトまで誘導するという二重の手間が必要です。DMは直接顧客の元に送り届けるので、他の郵便物を確認する流れで見てもらうことができます。
ダイレクトメールは、送る相手に合わせて内容を変えることが可能です。新規の顧客向けならキャンペーンや割引券付き、常連客には新作の案内など、相手に相応しい内容で送れます。
ユーザーに情報の選定作業を任せてしまうホームページに比べて、DMは余計な手間を省けるのが魅力です。
ピンポイントで情報発信をすることで、より高い効果が期待できます。そのほか、リピート率を活用したマーケティングなどより良い製品を作る指針にできるのも、DMのメリットです。

ダイレクトメールを利用した営業のデメリット

自社サービスの宣伝や新規顧客の獲得のために、ダイレクトメールを利用するデメリットがコストと時間です。ハガキサイズで配送する場合、限られたスペースに必要な情報を詰め込まなくてはいけません。
新規、常連と送る相手によって内容を細かく変えなくてはいけないため、デザインや文章の構成に時間がかかりがちです。印刷や配送作業を外部に発注するとなれば、枚数に比例して金額が高くなります。
作業にあたる人員にもよりますが、動き始めてから顧客の元に届くまで、最低でも1ヵ月近い期間は必要です。内容が期間限定キャンペーンの告知だと、逆算して行動する必要があります。
ダイレクトメールは、受け取った相手が必ずしも中を確認してくれるとは限りません。宛先を見て自分に興味がないと判断されれば、未開封のまま処分されるケースもあります。
どんなに有益な情報を載せても、読んでもらえなければ作る意味はありません。読まれる確約が取れないという点は、DMならではのデメリットと言えます。

ダイレクトメールならではの宣伝広告効果とは

現代社会ではメールやSNSのメッセージサービスなど、インターネットを経由したコミュニケーションが当たり前の状況になっています。
しかし宣伝広告の分野では、昔ながらの郵便を使った手法も根強い人気があります。おなじみのダイレクトメールがその代表的なものの1つで、新製品の紹介からイベントの開催告知、定期的な販促に至るまで、さまざまな目的に利用されています。
ダイレクトメールを利用するメリットは、何と言っても視認効果の高さにあります。現在では電子メールを使った宣伝広告活動も盛んになってきていますが、相手方が膨大な数のビジネスメールを受け取るような立場であれば、せっかく送信しても受信トレイの中に紛れ込んだまま読んでもらえない可能性もあります。けれども封筒やハガキといった「モノ」を直接届ければ、眼を通してもらえるチャンスが拡大します。
文章や画像以外のものを送って宣伝効果を高められるのも、ダイレクトメールならではの利点です。各種ノベルティグッズなど、封筒に入るものなら一緒に届けることができるため、相手方への印象をいっそう強めることができます。

ダイレクトメールは注意しないとトラブルの元になる

ダイレクトメールは効果的に販売促進を行い、ビジネスチャンスを生み出すものと注目されています。多くの企業がこの方法を利用して案件の受注率アップに努力していますが、方法を誤ると様々なトラブルに発展する恐れもあるので十分に注意しなければなりません。
特に近年では顧客の情報を利用したダイレクトメール等を送付する場合、その同意を顧客に事前に得ておくことが必要となります。個人情報の取り扱いが厳格になり、この情報を目的以外で使用することが法律で禁止されているためです。
様々な取引や名刺交換をしたと言うだけで、その宛先にダイレクトメールを送付してしまうと、法律上問題が生じ相手に訴えられてしまうと言うケースもあるので注意をしなければなりません。
このような法律問題に発展しなくても、ダイレクトメールを送付するためには事前に相手先の同意を得ることが必要となります。
不要な情報を送りつけられる事は迷惑なものであり、そのために取引先の自社に対するイメージを損ねてしまうこともあるので、十分に注意をすることが大切です。

おしゃれなデザインのダイレクトメールを作成して送付を

もし自分で何か事業を経営しているなら、その内容を多くの人たちへアピールする必要があります。例えば飲食店を経営しているなら、自分たちがどれだけ美味しい料理を作り、お客様に対し低価格で提供しているかを知ってもらわないといけません。何か物を販売している場合は、それが人々の生活にどれだけ役に立つかを知らせることが大事です。
この場合おしゃれなデザインのダイレクトメールを作成し、多くの家庭の郵便受けに向けてぜひ配布してみましょう。それには自分たちでパソコンとプリンターを用意し、ダイレクトメールを作成するソフトを利用して作ってみるのが一番簡単です。インターネット上にはいくつものサンプルがあるので参考にしつつ、自分たちなりの一品を完成させてみてください。
そしてもしデザインに自信が無いのなら、思い切って専門の業者へ依頼をしてみるのも一つの手段です。こちらの要望をあらかじめ伝えておけば、希望に応じたダイレクトメールをしっかりと完成させてくれます。どちらのやり方でも結構なので、ぜひ作成に取り掛かってみてください。

ダイレクトメールにQRコードを表示する効果

ダイレクトメールは、インターネットによるコミュニケーションが当たり前になった現在でも根強い人気を持つ広告・宣伝ツールですが、その魅力は何と言っても「現物」を相手に届けられるという点にあります。
チラシやパンフレット、ノベルティグッズなどダイレクトメールによって送ることのできる配布物は多岐にわたりますが、いずれの場合でも届いた先で現物を手に取ることができるという存在感の強さが、電子メールによる販促などとは違った印象を相手に与えることができます。
なお、電子メールにはリンクを貼ることで企業の公式サイトや新商品の宣伝ページなどに相手を誘導し、さらに詳しい情報を与えることができるというメリットがありますが、工夫次第ではダイレクトメールでも同様の効果をもたらすことができます。
それは、はがきや封筒などにQRコードを表示することです。
こうした手法を用いれば、アナログな情報からデジタルな情報へとスムーズに相手を誘うことができます。

ダイレクトメールの効率を上げるには事前調査が重要

ダイレクトメールの効率を上げるには、事前に送付先の調査を行うことが非常に重要なポイントとなっています。
多くの企業では顧客の興味や商談成功率などを事前に確認するために、様々なマーケティングを行っていますが、これらの情報を効果的に利用し、ダイレクトメールの内容や送付先に反映することが、大切なポイントとなります。
ダイレクトメールは特定の顧客に直接様々な商品の情報やサービスの内容を伝え、これを商談に結びつけようとするものですが、日ごろからあまり興味のない顧客に送付しても、これが商談に結びつく可能性は非常に低いものです。
逆に日ごろから興味を持っている内容を送付すると、さらに強い興味を示し成約する確率が高くなります。
多くの企業では展示会や説明会などで顧客の情報を確認しており、これにより営業マンの対応などを決定しているケースが多いものです。
これらの情報をダイレクトメールの送付先にも反映させることで、効率を上げることができる可能性が高まります。

電子メールでのダイレクトメールは注意が必要

最近では電子メールが様々な場面で効果的に利用されており、地球環境保護や紙の削減のためにこの方法を利用してダイレクトメールを送ると言うケースも少なくありません。
しかし紙の場合に比べるとその効果が薄れてしまう可能性が高いため、この点にも十分に注意が必要です。
紙の場合には相手は受け取ったと言う実感を持つことができ、また保管をしておいて必要な時に見返すことができるのがポイントとなっています。
ダイレクトメールはこのような効果を狙っている面もあるため、受け取った時点では興味を示さなくても様々なところに保管をしておくことで、何か気になったときにこれを見返して商談に結びつくと言うケースが多いものです。
電子メールの場合には多くの場合に様々なところからいろいろな内容のものが届くため、ほとんどの場合にはそれを確認したらすぐに捨ててしまうと言うことが少なくありません。
また大量のメールの中に埋もれてしまい、見返すと言う事はほとんど行われていないのが実態です。

ダイレクトメールを使った見込み客開拓が増えている

ダイレクトメールを使った見込み客開拓が増えています。
Webマーケティング全盛の時代とは言っても、紙媒体が持つ反響効果には無視できない部分はあります。
高齢者世帯などでは、日頃からインターネットを使う習慣が身についていない方も少くありません。
ダイレクトメールのような、紙を使った販促手法を用いた方が、売上に結び付けられる反響を得られることが多いのです。
ダイレクトメールによる販促を行う際には、事前にターゲット層を洗い出しておくことが欠かせません。
自社の商材に適した属性を持つユーザーを、既存顧客のデータより分析しておくことが大切です。
見込み客を数多く集められたとしても、成約に至らなくては、大きな売上には結びつきません。
ダイレクトメールによる反響を、的確なアプローチを行えるための元データに出来るように、システムとの連携を行っておくことも大切です。
反響を元にどのような成果が生じたのかを判断することが可能な、的確な効果測定システムを備えていくことを心がけましょう。

ダイレクトメールの発送で感じてしまう問題点の解消法

ダイレクトメールを作成して郵送をしたりポスティングでポスト投函をするような会社では、一定の宣伝効果は見込めるものの問題点に感じてしまうことは良くあることです。
例えば集合ポストを設置しているアパートやマンションの場合、管理会社によって集合ポスト付近にゴミ箱を設置していることがあります。
入居者がポストを開けた際にダイレクトメールを見つけると、中を確認せずにゴミ箱に捨てられてしまうことが多いい傾向にあります。
この問題は費用対効果の面ではマイナスになってしまうので、解消法としては自室まで持ち帰ってもらえる工夫が必要です。
具体的な事例ではノベルティグッズの専門店を利用して、ポケットティッシュを大量発注してダイレクトメールの封筒の中に入れる方法、単価が低くてもボールペンを同じように封筒の中に同梱する方法であれば、捨てずに持ち帰る可能性を高められます。
ノベルティグッズは封筒の見える位置に入れることは勿論ですが、肝心な宣伝用のチラシ類も興味を持ってもらえるように、封筒の見える位置にキャッチコピーでアピールすることも肝心ではないでしょうか。

ダイレクトメールは発送代行へ

ダイレクトメール 発送代行

新着情報

◎2023/11/10

情報を更新しました。
>ダイレクトメールにQRコードを表示する効果
>ダイレクトメールの効率を上げるには事前調査が重要
>電子メールでのダイレクトメールは注意が必要
>ダイレクトメールを使った見込み客開拓が増えている
>ダイレクトメールの発送で感じてしまう問題点の解消法

◎2023/01/18

情報を更新しました。
>ダイレクトメールのメリットと期待できる宣伝効果
>ダイレクトメールを利用した営業のデメリット
>ダイレクトメールならではの宣伝広告効果とは
>ダイレクトメールは注意しないとトラブルの元になる
>おしゃれなデザインのダイレクトメールを作成して送付を

◎2022/3/23

情報を更新しました。
>ダイレクトメールを活用する上で重要な要素とは
>ダイレクトメールを開封してもらうコツとテクニック
>ダイレクトメールの訴求力をアップさせるには
>ダイレクトメールは客層に合わせてデザインする
>無料テンプレートの活用で素早くダイレクトメールを送れる

◎2021/4/14

デザイン料金はいくらかかる?
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「ダイレクトメール 発送」
に関連するツイート
Twitter

返信先:サイト管理者へ連絡させて頂きました。 恐れいりますが、原因究明までしばらくお待ち頂ければ幸いです。 ダイレクトメールからの購入、局留めなどでの発送も可能です。領収書、納品書など発行可能です。 また何かわかりましたらご連絡さしあげます。 引き続き宜しくお願い申し上げます🙇‍♂️

・「東海信金ビジネス」がダイレクトメールの印刷・発送を委託した京都市の「イセトー」のサーバーが今年5月、ランサムウエアに感染したことで流出したという

流出が確認されたのは、東海3県と静岡県にある計26の信用金庫の顧客氏名、延べ約7万7000人分です。 信用金庫の業務の一部を担う「東海信金ビジネス」によりますと、「東海信金ビジネス」がダイレクトメールの印刷・発送を委託した京都市の「イセトー」のサーバーが今年5月、ランサムウエアに

全国集会にお申し込みの方へ、参加証と集会要綱等を発送いたしました。お手元に届かない方は、ダイレクトメールにてご連絡ください。